スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寛平さんあと一日 頑張って!!

2009年10月01日 01:40

この数ヶ月、本当に勇気付けられました。

あと一日頑張ってください。






スポンサーサイト

2016年東京オリンピックを望む学生の会の活動

2009年04月06日 08:24




【学生レポーター】Vol.3 「スポーツの力」をオリンピックで体感したい!~2016年東京オリンピックを望む学生の会の活動<
~ 森崎ゆりやさん(青山学院大学)

090331_02_01.jpg

2007年12月1日から2008年2月15日までの2カ月半をかけて行ったオリンピックキャラバンでは、東京から福岡まで21都府県を訪問。

090331_02_02.jpg




http://www.tokyo2016.or.jp/jp/news/2009/03/vol3_2016.html

日本に五輪を 世論喚起訴え団体発足 古田敦也さんら

2009年03月06日 09:05

日本に五輪を 世論喚起訴え団体発足 古田敦也さんら


平成28年の五輪東京開催への世論を盛り上げようと民間の有志が団体「Yes! Japan」を立ち上げ、4日、都内で会見を開いた。賛同人としてプロ野球ヤクルト元監督の古田敦也さんらが出席し、「東京に五輪を呼ぶため、賛成の意思を発信しよう」と呼びかけた。

 「Yes! Japan」は会社社長の小澤隆生さん(37)ら有志が「五輪は子供に夢を与え、国民、経済が元気になる。どうしても日本で開催したい」と今年、設立。五輪メダリストや芸能人、文化人らに賛同を呼びかけたところ、20人が集まった。

 現在、28年の五輪招致都市に立候補しているのは東京、シカゴ、マドリード、リオデジャネイロの4都市。昨年の国際オリンピック委員会(IOC)の1次選考では東京は1位だったが、国民の支持率(東京オリンピック招致委員会調べ)は約70%と4都市で最低。開催地決定は10月だが、小澤さんは「実現には80%の支持が必要。一人でも多くの人に『賛成』と積極的に周囲に話をしてもらえれば世論は盛り上がる」と話す。


今後、団体のロゴを個人のブログに掲載してもらったり、賛同人にそれぞれの持ち場で呼びかけてもらうことで支持者を増やす。

 古田さんは「東京でやるため、今すぐ賛成の気持ちを発信してもらいたい」と話し、パラリンピック競泳金メダリストの成田真由美さんは「東京で開かれたらバリアフリーがさらに進む」、米国アカデミー賞を受賞した映画「おくりびと」で知られる脚本家の小山薫堂さんは「五輪で国民がひとつにつながることができる」と期待を表明。CHAGEさんも「みんなでこぶしを挙げて気持ちが前向きになるテーマソングを作りたい」と意欲をみせた。

(サンケイニュースより)


日本に五輪を 世論喚起訴え団体発足 古田敦也さんら

嘉納治五郎センター構想でアピール 

2009年03月06日 08:58

嘉納治五郎センター構想でアピール 森元首相ら発起人

日本体育協会会長の森喜朗元首相、東京都の石原慎太郎知事、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長らが発起人となり、アジア初の国際オリンピック委員会(IOC)委員の故嘉納治五郎氏の理念を受け継いだ「嘉納治五郎記念国際スポーツ研究交流センター」(仮称)の設立構想が進んでいることが12日、分かった。

 講道館柔道の創始者の嘉納氏は1909年に「近代五輪の父」クーベルタン男爵から五輪参加を呼び掛けられ、11年に日本体協の前身となる大日本体育協会を創立。初代会長として翌年のストックホルム五輪で日本を初参加させた。

 関係者によると、人間教育や国際交流といった五輪運動の理念を広める施策として嘉納氏の名を冠した組織の構想が浮上。教育や研究、反ドーピング活動やスポーツにおける国際交流などを推進する。五輪運動に貢献する姿勢を示すことで、2016年夏季五輪の東京招致をIOCにアピールする狙いもある。
嘉納治五郎センター構想でアピール 森元首相ら発起人

東京都が環境対策でオリンピック招致に新しい力を

2009年03月06日 08:54

東京都が環境対策でオリンピック招致に新しい力を


 2016年の夏季五輪招致を目指す東京都は13日、国際オリンピック委員会(IOC)へ提出した詳細な開催計画書「立候補ファイル」の内容を明らかにした。首都高速など都心の道路約40キロを「五輪専用ロード」にして選手や観客の移動を効率化するほか、ソーラーカーの導入など自然エネルギーのフル活用で大会運営で発生する二酸化炭素(CO2)以上のCO2量を削減する“カーボンマイナス五輪”計画を掲げた。同日午後、石原慎太郎都知事らが記者会見した。 東京の強みといわれるインフラ面では、首都高都心環状線の外回りや都心一般道路を中心に「五輪専用道路」を設置。片側2車線の幹線道路でも五輪専用車線を確保して、都内で計約490キロの“五輪対応道路網”を構築する。

 目玉である環境対策では、水力・風力発電、太陽光の利用を徹底してCO2排出量を極限にまで抑制。新たに建設する8万人収容のメーンスタジアム(江東区晴海)の屋根に太陽光パネルを設置するなどの工夫を行う。植林やCO2の削減枠を購入する「排出権取引」も利用して、大会運営で発生するCO2以上の量を削減する。

 競技面では、都心の半径8キロ圏内に会場を集中させた当初の計画は変わらなかったが、マラソンは、国内最大級のシティマラソン「東京マラソン」のコースを基本にした新たなコースを設定。新コースは1964年の東京大会のメーンスタジアムである国立競技場をスタート。皇居を目指して西へ向かい、銀座、秋葉原をめぐって内堀通に出る10キロの周回コースを3周する。その後、晴海通からメーンスタジアムでフィニッシュする。

 財政面では、大会組織委員会の予算が明らかになった。収入は3100億円で、内訳はIOC分配金が1090億円、スポンサー収入が730億円、チケット収入が780億円などとなっている。支出も同様に3100億円で、運営費が1810億円、選手村など仮設整備費が820億円などと試算した。選手と役員約1万6000人の日本への渡航費無料化も打ち出した。

 立候補ファイルは、IOCが立候補都市に提出を義務づけた開催計画を記した重要書類。東京、シカゴ(米)、マドリード(スペイン)、リオデジャネイロ(ブラジル)の4都市が12日の締め切りまでに提出を終えた。

サンケイ ニュースより


2016年夏季五輪本命、東京VS.シカゴ 4都市、招致本格化

16年夏季五輪:東京招致 「平和と環境」PR CO2削減うたう--委員会計画案







最近の記事


Los Angeles SEO - TwinTurtles SEO company offers innovative marketing solutions that are tailor-made to fit your company's needs. San Francisco SEO - By working on popularity and optimization, this SEO company will improve your website’s accessibility thereby increasing its business-generating potential. Seattle SEO - Premium SEO Company offers SEO Services that meets your Internet Marketing needs and assures increased visibility of your website through good Website Optimization. Internet Marketing Colorado - Professional Colorado Internet Marketing services in Colorado serving all small businesses. Proven Denver SEO expert search services.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。