スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア英雄伝

2008年12月29日 19:44




かつて「興亜」の二文字に振起し、植民地の解放を目指し苦闘を続けたアジアの英雄。彼らと日本との関わりを明らかにし、知られざる“汎アジア・ネットワーク”を浮き彫りにした待望の先覚者列伝。


ajia.jpg


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
坪内 隆彦
昭和40(1965)年生まれ。慶応義塾大学法学部卒業後、日本経済新聞社に入社。平成元年退社後、フリーランスで取材・執筆活動に入る。同3年に「国連における大国協調の光と影」で佐藤栄作賞(国際連合大学協賛財団懸賞論文優秀賞)を受賞。『月刊日本』編集委員、社団法人日本マレーシア協会理事、拓殖大学創立百年史編纂室嘱託。現在、『月刊日本』に「日本文明の先駆者」を、『月刊マレーシア』に「明日のアジア望見」を連載中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


苦闘の甲斐あって所期の目的─独立を果たすことができたものもあったが、志なかばにして非命に倒れたものも少なくない。「先駆者は常に倒る」という言葉が真に追って感じられる。このような愛国、憂国の志士たちの群像を記したのがほかならぬ本書である。(伊達宗義)
 著者は戦前に刊行された文献を含め、膨大な資料に当たり、祖父をはじめとする日本の興亜陣営とアジアの志士たちとの緊密な連携の実態に迫りました。それは、まさに「汎アジア・ネットワーク」の構築とも呼びうるものであったことが、本書で明らかにされています。(頭山興助)
 坪内氏のアジア主義へのアプローチは非常に興味深く、魅力的である。アジア主義の歴史はアジア主義者の歴史でもある。個々の人物の魅力を最大限に引き出し、歴史的な文脈の中によみがえらせることは容易なことではないが、本書は見事にそれに成功している。(クリストファー・スピルマン)
スポンサーサイト

ケツメイシ メドレー  

2008年12月13日 22:24




ケツメイシ メドレー

-----------------------

東京





------------------------


旅人





作詩:ケツメイシ 作曲:ケツメイシ

※旅立って 一人になって 踏み出して 孤独になって
鳥のように 自由になって 丘に立って 風に吹かれて
あきらめずに ずっと歩いて あきらめずに ちゃんと笑って行こう
僕だけのありのままの旅へ※

追い風抱かれ 軽く踏み出す
向き合う未来 自分打ち出す
この旅は 見えぬ先が
だからこそ 踏み出す価値が
届く? 遠のく? たまにおののく
風に押されて その先覗く
人は皆 人生旅してる
それぞれが選んだ町に出る
遠く 果てない旅へ
行こう 止まることなしで
何かある きっと輝き増す
信じれば 必ず輝き出す
伸ばした手の先 ある明日は
こらした目の先 何あるか?
風任せ 跳ね回れ
この先の未来よ 晴れ渡れ

△今 子供になって 鳥になって 空も飛べるはずだよ
今 地図を開いて 進む未来へ 希望のある旅へ
今 自由になって 僕になって どこまでも行けるから
今 僕を描いて 旅人になるのも悪くない△

いつもと変わらず 吹く風
語ることもなく 遠くまで
今日も僕らは 見えない明日を覗くから
いろいろな形で 未来が待つ
それぞれ夢を抱え ここに立つ
その足で さあ旅へ
望んだ答えがなくても
そして 過ちか正しいのか
今 僕には分からないが
恐れず行けば 分かるさ
信じて行けば 何か変わるさ
気ままに空を行く 雲のように
自由に流れる 水のように
生きてるからこそ 僕らも
風に任せ それぞれの旅へ

(△くり返し)

行くあて彷徨って 分かるまで迷って
回り道ばかりの旅でも 自分で選んで
悩むだけ悩んで night & day 悩んで 悩んで 悩んで行く

僕らは未来へ 変わり行く日々の中で
明日への扉を開いて あてのない旅に出る
僕らの未来へ 止まらない時の中で
自由な旅人に なって行くのも悪くない

旅立って 一人になって 踏み出して 孤独になって
鳥のように 自由になって 丘に立って 風に吹かれて
あきらめずに ずっと歩いて あきらめずに ちゃんと笑って行こう
僕だけはありのままに

------------------------------


また君に会える




---------------------------------


聖なる夜に





---------------------------------


冬物語




--------------------------------

出会いのかけら




作詩:ケツメイシ 作曲:ケツメイシ

※巡り会いの中で生きてく また人を少し好きになる
喜びや悲しみさえ全て 自分の事と受け入れたなら
恵 愛の中で満ちてく 逃げずに自分の事も好きになっていく
出会いも別れも乗り越えた 君はもう一人じゃないよ ずっと
永遠に ずっと※

限られた時間の中での人生
覗けば小さいと 思えばいいね
だって この星には 何千何万って人がいて
僕は果たして何番 ?
意味のない そんな順位付け

「人は皆それぞれさ」と踏みつける
今 そこにある自分の立ち位置で
一人一人 皆 懸命に生きてる
その中で 人と人は出会い
願い 描いてく 素晴らしい世界
時にある 裏切りや憎しみも
乗り越えて また 生きていく意味も
結局 皆 繋がってく
その中で 必死に掴まってる
出会いのかけら それを磨けば
これからも無数に 芽生える種が

巡り会いの中で生きてく また人を少し好きになる
喜びや悲しみさえ全て 自分の事と受け入れたなら
恵 愛の中で満ちてく 逃げずに自分の事も好きになっていく
出会いも別れも乗り越えた 君はもう一人じゃないよ ずっと

悲しみを重ね 寂しさを抱え
孤独の中で 人は生きてく
そして出会い 別れ 溢れる日々で
心の隙間埋める かけら集める
世の中 思うように行けない
出会いの先に 何も見えない
ただ 人は様々なとこ 導かれ
お互いの夢を見たいだけ
寂しい別れを いくつもこの先
新たな出会いを 重ねて大人に

「さよなら」はいつも悲しくさせるが
痛みを知って 優しくなれる
受け止める人 裏切る人も
何かに気付かさせてくれる きっと
また自らを知り 進み出す
新たな出会いが 未来を作り出す

人と人が繋がって やがてそれが形になって
決して良い事が起きなくても 出会いとは不思議なもんで
共に涙を流す日もあれば 共に大声で笑う日もある
芽生えた出会いで 描いた証で
人はまた強くなると信じて 出会ってく 逃げずに

拾い集めた 出会いのかけら
一つずつ手に取り 磨いてみる
僅かな光も 温かな手も
握りしめた時から 出会いが愛へと変わって行く

巡り会いの中で生きてく また人を少し好きになる
喜びや悲しみさえ全て 自分の事と受け入れたなら
恵 愛の中で満ちてく 逃げずに自分の事も好きになっていく
出会いも別れも乗り越えた 君はもう一人じゃない

(※くり返し)

--------------------------------

ライフイズビューティフル/ケツメイシ





作詩:ケツメイシ 作曲:ケツメイシ

※君が流した涙が いつか花を育て咲かせて
君の目の前に 広がるはずだから
君が乗り越えた壁は いつか君を守る盾となって
君をそばで いつまでも支えるだろう※

顔で笑って 心では泣いて
「楽しく生きる」どころでは無いって?
心配すんじゃねぇ 今はちょっと運がねぇだけ
だから皆同じ もう少し踏ん張れ
君が倒れりゃ 肩も貸すし
もう歩けないなら 足にもなるし
困ったならば手を借り 時には手を貸す
そうやって人は「人生」という絵を描く
土砂降りの日もあれば 晴れの日もある
でも今日というこの日は いくら待てど二度無く
「泣き」「笑い」抱え 今君が生きてる
それだけの事で 誰か幸せに満ちてく
だからこそ言うんだよ 「生きるって素晴らしい」
悩んでる君に 捧ぐならばこんな歌がいい
泣きたい日は泣け 笑いたい日は笑え
美しき人生 君のままで

△苦労 苦悩 越えた自分に
おはようハロー もう辛くないよ
泣いたり 悩んだりするから 人生は美しい
ボディーブロー 耐えた自分に
おはようハロー もう辛くないよ
泣いたり 悩んだりする 君だからこそ美しいから△

思い通り行くこと少ない世の中
目的 夢もよく見えない ここから
だが時は経って 過去は去ってく
今日も新しい日々が待ってる
時に投げ出す 自分を隠さず
誰しも同じ思いがあるはず
不安な心 抱えた悩み
それは神様が君に与えた課題
現実と理想を彷徨う前に
立ち止まる勇気 見失う前に
もう振り返りたくない 過去でも
これからの幸せの数 数えよう
今を急がず その身を任せ
ありのまま気負わず 君らしくあれ
窓からの朝日 その目を覚まして
君しかできない 笑顔を咲かして

(△くり返し)

些細な願いも 小さな幸せも
消えてしまいそうな 君へ
「目の前にある物 信じられなくなった」と
「もう嫌になったよ」と
呟いた君の言葉 聞こえたから
僕らは 君のそばで歌うよ
君が 笑顔になるのなら
素晴らしい人生の 途中から
また 再び笑えるのなら
美しき人生の 友だから

君が流した涙が いつか花を育て咲かせて
君の目の前に 広がるはずだから
君が乗り越えた壁は いつか君を守る盾となって
君をそばでいつまでも支える

(※くり返し)
(△くり返し)

----------------------------

サクラ




作詩:ケツメイシ 作曲:ケツメイシ

※さくら舞い散る中に忘れた記憶と 君の声が戻ってくる
吹き止まない春の風 あの頃のままで
君が風に舞う髪かき分けた時の 淡い香り戻ってくる
二人約束した あの頃のままで
ヒュルリーラ ヒュルリーラ※

さくら散りだす 思い出す 意味なく
灯り出す あの頃また気になる
変わらない香り 景色 風
違うのは君がいないだけ
ここに立つと甦る こみ上げる記憶 読み返す
春風に舞う長い髪 たわいないことでまた騒いだり
さくら木の真下 語り明かした
思い出は 俺 輝いた証だ
さくら散る頃 出会い別れ
それでも ここまだ変わらぬままで
咲かした芽 君 離した手
いつしか別れ 交したね
さくら舞う季節に取り戻す
あの頃 そして君呼び起こす

花びら舞い散る 記憶舞い戻る

気付けばまたこの季節で 君との想い出に誘われ
心の扉たたいた でも手をすり抜けた花びら
初めて分かった 俺若かった
この場所来るまで分からなかったが
此処だけは今も何故 運命(さだめ)のように香る風
暖かい陽の光がこぼれる 目を閉じればあの日に戻れる
いつしか君の面影は 消えてしまうよ 何処かへ
あの日以来 景色変わらない
散りゆく花びらは語らない
さくらの下に響いた 君の声 今はもう

(※くり返し)

そっと僕の肩に 舞い落ちたひとひらの花びら
手に取り 目をつむれば君が傍にいる

(※くり返し)

花びら舞い散る 記憶舞い戻る
花びら舞い散る


----------------------------




Imagine by John Lennon

2008年12月10日 23:02



1980年12月8日、全世界に衝撃が走りました。強いものが弱いものを支配する世の中が
いつまでも続いていいのでしょうか。

Imagine by John Lennon

Imagine there's no heaven
It's easy if you try
No hell below us
Above us only sky
Imagine all the people
Living for today...

Imagine there's no countries
It isn't hard to do
Nothing to kill or die for
And no religion too
Imagine all the people
Living life in peace...

You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will be as one

Imagine no possessions
I wonder if you can
No need for greed or hunger
A brotherhood of man
Imagine all the people
Sharing all the world...

You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will live as one



 

SENSEUP POWER 12月号が発刊!!

2008年12月06日 20:42

SENSEUP POWER 12月号が発刊!!

TOP.jpg

○日本の再生はここからはじまる
○国際結婚インタビュー アメリカ人男性と日本人女性
○多文化時代の『住まい』について
○世界人材育成機構 留学生就職セミナー

☆イベント☆

○第1回国際ヤングピアニストコンク-ル
○英語で日本文化を学ぶ「ELCA東京」
○「Student Freepaper Forum 2008」
○関西最大級の内定者イベント開催 JOINT
○早稲田イルミネーションプロジェクト
○SMALL BUSINESS REVOLUTION 

「おしん」の忍耐強さ、「冬のソナタ」の純愛を兼ね備え、 かつ仏の慈愛を併せ持つ感動作

2008年12月06日 20:22

韓国のベストセラー 『ラフラの思慕曲』 が映画化される。
 「おしん」の忍耐強さ、「冬のソナタ」の純愛を兼ね備え、
かつ仏の慈愛を併せ持つ感動作


 主人公の父親は、「太田道灌の14代目嫡孫」
 美しき女流詩人・金一葉との愛を貫き親子断絶
一葉は満空和尚との出会いにより、尼僧として出家
 父・清蔵は、母・一葉を捜し求めて渡朝
 出生の秘密を知ってしまった泰伸
対面した母から出た言葉は、「母さんと呼ぶな」


続きはこちらから

2008年ドイツネットクリスマスパーティは、12月14日(日曜日)です。

2008年12月04日 22:53


ドイツネットからのお知らせです。ドイツの人たちは生真面目なイメージがありますが
とてもお茶目なところもあります。ぜひ、イベントで体験して見てください。

ーーー

今年も、この季節がやってきました。
2008年ドイツネットクリスマスパーティは、12月14日(日曜日)です。

今年はサンタクロース自らがやってきて、皆さんを心の底からあたためるジャーマンホットワインを振る舞ってくれるという連絡がありました。レシピは、オレンジ、スパイスたっぷりの特製レシピです。
クリスマスのお菓子、ドイツビール、それから他にもいろいろなおいしいものをご用意しています。もちろんドリンクは飲み放題です。

*プレゼント交換*
プレゼント交換に参加したい方は500円程度までのプレゼントをご用意ください。お返しにとっても素敵なプレゼントをもらえるかもしれません。be creative!

詳しい情報と参加登録はこちらから
http://www.doitsunet.com/weihnachtsparty.php

パーティーの予約の際にコメント欄に「xmas」と入力していただければ入場料が500円割引になります。
一人でも、お友達とでも、どなたでも大歓迎です。

参加のご登録をお待ちしています。
ドイツネット
---
www.doitsunet.com - 日本とドイツをつなぐコミュニティ
---


最近の記事


Los Angeles SEO - TwinTurtles SEO company offers innovative marketing solutions that are tailor-made to fit your company's needs. San Francisco SEO - By working on popularity and optimization, this SEO company will improve your website’s accessibility thereby increasing its business-generating potential. Seattle SEO - Premium SEO Company offers SEO Services that meets your Internet Marketing needs and assures increased visibility of your website through good Website Optimization. Internet Marketing Colorado - Professional Colorado Internet Marketing services in Colorado serving all small businesses. Proven Denver SEO expert search services.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。