スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際交流フットサル大会 NO BORDER!CUP2009 ~ひとつのボールから、生まれるきっかけ~

2009年07月29日 07:59

1.大会趣旨

noboroder-2.JPG


学生団体NO BORDER!は、日本人学生と在日コリアンの学生、韓国人留学生が中心となって活動しています。
現在、日本に暮らす外国人は200万人を超えています。欧米をはじめ、韓国、中国、ブラジル、ペルー、フィリピンなど多様な国の人々が、大都市だけでなく日本の各地で暮らしています。しかし、彼らの多くは地域と無関係に暮らしているのが実状です。そこで私たちは、フットサルを通して日本人と外国人が交流できる場を作りたいと考えています。
大会では、多様な国や民族の方に参加していただき、勝敗よりも交流を第一に実施します。ひとつのボールから生まれるきっかけが、人々をつないでいく。私たち学生団体NO BORDER!は、サッカー、フットサルを通して人々が日本社会で共に生きることを目指しています。


2.体制
主催        :法政大学学生団体「NO BORDER!」
後援        :横浜サッカー協会、アルゼンチン大使館
協力        :法政大学キャリアデザイン学部
物品協賛     :WaKiP、おやつカンパニー 他
賛同人(敬称略) :梨元勝(芸能リポーター・法政大学社会学部卒)
サントスアンナ(歌手・法政大学キャリアデザイン学部在学中)
            秋葉忠宏(サッカー選手・SC相模原所属)

3.大会概要
国際交流フットサル大会「NO BORDER CUP2009」

コンセプト :ひとつのボールから、生まれるきっかけ(多文化共生のため)
日時    :平成21年8月1日(土) 午前9時30分~午後4時
        ※雨天決行
会場 :横浜みなとみらいスポーツパーク
出場チーム:13チーム(予定)
参加費 :1チーム15,000円(交流会込み)
内容 :リーグ戦(午前)
  トーナメント戦(午後)
         その後、クラブハウスにて交流会(午後4時~)
連動企画 :在日外国人の子どもたちへ、サッカーボールの寄付(20個)
       WaKiPよりサッカーボールの協賛
       寄付先…IAPE(外国人児童生徒保護者交流会)、川崎ふれあい館

noboroder-1.JPG

09:30 ~         開会式
10:00 ~ 10:20    1回戦(リーグ戦)
10:30 ~ 10:50    2回戦(リーグ戦)
11:00 ~ 11:20    3回戦(リーグ戦)
11:30 ~ 11:50    4回戦(リーグ戦)
12:00 ~ 12:20    5回戦(リーグ戦)
12:30 ~ 12:50    6回戦(リーグ戦)
12:50 ~ 13:50    休憩
14:00 ~ 14;20    7回戦(トーナメント戦)
14:30 ~ 14:50    8回戦(トーナメント戦)
14:30 ~ 14:50    9回戦(トーナメント戦)
15:00 ~ 15:20    決勝戦
15:30 ~ 15:50    閉会式

4.大会スケジュール
16:00 ~ 19:00   交流会

*一部変更になることがございます。


5、出場チーム(予定)
1. TTC  
Aチーム  Bチーム
  キャリアデザイン学部田中研之輔教授と元Jリーガーによるチーム

2. LAZAK
  在日コリアン弁護士協会によるチーム

3.Footy Japan FC
  在日イギリス人によるメトロポリスリーグのフットサルチーム

4.アルゼンチン大使館
  アルゼンチン大使館スポーツ部によるチーム

5.FC chougo
東京朝鮮高校サッカー部OBによるチーム

6.FC NO BORDER!
  学生団体「NO BORDER!」による日本人、在日コリアン、留学生のチーム
7.2step
高田馬場日本語学校によるチーム

8.インターカルト日本語学校
  インターカルト日本語学校によるチーム

9.KCP地球市民日本語学校チーム
  KCP地球市民日本語学校の生徒によるチーム

10.東京工業大学
ベトナム人留学生によるチーム

11.HHS
法政大学経営学部4年生のチーム

12.KAMOSONS
 神奈川県在住学生チーム



6.過去の大会実績

「NO BORDER CUP2007」

<大会趣旨>
 日本国内で生活するさまざまな国籍の小学生世代の子どもたち9チームによるフットサル大会をボランティアが中心となって開催する。親たちを含めた交流と、在日外国人に対する日本社会の理解する場として活用する。

noboroder-logo.JPG

<主催者> 
学生団体NO BORDER!在日外国人地域ボランティアネットワーク

<開催日時>
 2007年7月29日(日)

<会 場> 
横浜みなとみらいスポーツパーク

<対 象>
 小学生(U-12)男女不問

<出場チーム>
 IAPE、ピタゴラス、東京朝鮮第一、南武朝鮮、中国など

<後 援> 
社団法人横浜サッカー
トヨタ財団 
講談社「ゲキサカ」
レナートフットサルクラブ

<物品協賛>
アディダスジャパン株式会社
スポンサーサイト

最強の就職対策!! 

2009年07月28日 09:44

『THE NIKKEI WEEKLY(日経ウイークリー)』
でビジネスの現場で役に立つ情報を英語で学ぼう!!

出来る先輩たちは読んでいた!!

うれしい学割制度あり
通常 3ヶ月6000円>>4500円に(送料・消費税込)

1ヶ月1500円、1日わずか50円
最強の就職対策!! 
経済と英語を制するものは就活を制す!!
多くの大手企業でも社員教育に活用!!


英語と経済を同時に勉強しちゃおう!!
(うれしい学割制度あり)

nikkei.JPG

『THE NIKKEI WEEKLY(日経ウイークリー)』は、日本で唯一の英文経済紙。
日経4誌、日本経済新聞、日本産業新聞、日本金融新聞、日経流通新聞の
1週間分の主要記事を厳選。

週刊だから無理なく経済英語の勉強を続けられる。

英語といっても日本の経済のお話だからわかるところから始めると案外簡単に理解が出来きる。

『THE NIKKEI WEEKLY(日経ウイークリー)』は、日本で唯一の英文経済紙。


nikkei-01.JPG

nikkei%20%E8%AA%AD%E8%80%85.JPG
私たちはこんな風にNIKKEI WEEKLYを活用しています:読者の声


ラジオNIKKEIで放送されている番組はこちらで聴くことが出来ます。


学割に関するお問い合わせは

0120-630-444(平日 9:30-17:30)

日本経済新聞社 販売局 国際販売部 まで


ビジネスの現場で役に立つ情報を英語で学ぼうl

教育大国フィンランド

2009年07月26日 22:25

教育大国フィンランド

フィンランドでは、塾もなく、すべての子供が平等に勉強できる。

大学卒業生で優秀な即戦力となるような人材が、外資系企業などから誘われることが多い。

しかし、多くの学生は自分を育ててくれた
             フィンランドの社会に貢献しよう
と考えている。

大学教育は企業に役に立つ人材を育てているか

1位 フィンランド
56位 日本


社会に対する信頼感が高いフィンランドの大学教育


Banker to the Poor: Micro-lending

2009年07月25日 17:42

An hour with Muhammad Yunus, Founder of The Grameen Bank and author of "Banker to the Poor: Micro-lending
and the Battle Against World Poverty".



第104回日韓ビジネス研究会

2009年07月09日 12:41

先日、下記の研究会に行ってきました。、「東シベリアパイプライン」、「日本海横断航路」など普段はあまり聞くことのないお話もお伺いしました。

大変有意義な一日でした。
ーーーーーーーーーー

第104回日韓ビジネス研究会
講師: 笠井信幸氏

笠井先生

 今年度2回目の日韓ビジネス研究会を下記要領で開催しました。
 今回は、海外在住700万人の韓国人特集の第一弾として、アジア経済文化研究所の首席研究員 笠井信幸 理事にお話しいただきました。
 笠井氏は、既に10年以上中国東北部の延辺朝鮮族の活動に関する研究をされていて、今でも毎年延辺朝鮮族自治州を訪問され、朝鮮族の生活実態調査などを行っていらっしゃいます。同地域が中国でどのような位置を占め、どのように扱われているか、また南北朝鮮・ロシアなど周辺諸国とどのような付き合いをしているのか等、北東アジアの情報を韓国人の視線で話されました。
 さらに、「東シベリアパイプライン」、「日本海横断航路」など、我々日本にとっても関心の高い話題にも触れられ、その中で日本の役割について考えさせられる講演でした(日韓経済協会 HPより)

http://www.jke.or.jp/column/column_inside_2.php?id=743

ワーキング・ホリデー体験者の集い

2009年07月09日 11:33

ワーキング・ホリデー体験者の集い

ワーキング・ホリデー体験者による
ワーキング・ホリデー体験者のための
イベントです。
ワーホリという共通の体験をした人が一堂に介し、交流を深める機会ですのでぜひご参加ください。


2009年9月13日 12:30-15:00

会場  レストラン松柏軒(女子栄養大学 駒込キャンパス内)
女子栄養大学 東京都豊島区駒込3-24-3 JR山手線駒込駅から徒歩3分

参加費  3,500円(ビュッフェ形式のパーティーです)
事前にお振込みください。または当日お持ちください。
振込先  三井住友銀行 中野支店(支店番号223)
普通預金口座 4211365
名義 ワーキングホリデー体験者の集い事務局
人数  先着100人
主催  ワーキング・ホリデー体験者の集いの会
申込先  ワーキング・ホリデー体験者の集いの会事務局
        (日本ワーキング・ホリデー協会内)


ワーキング・ホリデー体験者の集いの会は
ワーキング・ホリデー制度利用者が30万人に達したことを記念し2008年に発足しました。
・ワーキング・ホリデーOB・OGの交流
・ワーキング・ホリデー帰国者のサポート
・ワーキング・ホリデーの経験を生かした社会貢献
を目的としています
【代 表】河野順一 (
【連絡先】ワーキング・ホリデー体験者の集いの会事務局
(社団法人日本ワーキング・ホリデー協会内)
TEL 03-3389-0181 (8月4日以降は03-3265-3321)
URL: http://workingholiday-taiken.com

30万人のワーキング・ホリデー

2009年07月09日 11:30

30 ワーホリ



30万人のワーキング・ホリデー
20代~40代のOB・OGが語る「ワーホリ体験」と「その後の生き方」


刊行のお知らせ

(有)ビネバル出版では、1980年にスタートしたワーキング・ホリデー制度の利用者が30万人を超えたことを記念して、上記タイトルの本を刊行いたします。



「年齢や渡航先を問わず、どの体験者も、自らのワーキング・ホリデー時代を宝物にしていることを肌身で感じてきました。もちろん、私自身も含めて。それはどういうことなのか。ワーキング・ホリデーとは何なのか。体験者の人生にどういう影響を与えているのか。ここらで、一度検証してみてはどうだろう―――。」(「あとがき」より) 本書は、そんな問いかけから生まれたグローバル時代の「生き方読本」です。国外で暮らす苦労を乗り越えて自分の道を切り開いてゆくワーホリ体験者の姿が、多くの共感を呼ぶものと確信しています。読む人を元気にする33人のワーホリ体験集です。

つきましては機会がございましたら、本書の刊行を広くお知らせくださいますようお願い申し上げます。

(有)ビネバル出版
代表 山中典夫
30万人のワーキング・ホリデー
20代~40代のOB・OGが語る「ワーホリ体験」と「その後の生き方」
河野順一・重富哲夫 監修  「ワーキング・ホリデー体験者の集いの会」著
(社)日本ワーキング・ホリデー協会 協力 

A5版・並製・224P  定価1980円+税
*本書に関するお問い合せは下記へお願いいたします。
-------------------------------
ビネバル出版/北欧留学情報センター
担当/山中典夫
電話03-5229-5899 ファクス03-5261-0025
-------------------------------


本書は33人の体験談と、うち9人の方の「その後の人生」にスポットを当てたインタビューで構成されています。本書の編集を担当した河野順一さん、重富哲夫さんも初期のワーキング・ホリデー体験者です。ワーキング・ホリデーの素晴らしさをなんとしても伝えたいという思いで、手弁当で本書の編集作業に臨みました。プロのライターとして活躍する重富哲夫さん、ワーキング・ホリデー体験者の集いの会(OB・OG会)の代表でもあるバンザイ・インターナショナル社長の河野順一さんが1年以上前から準備を始めて、今回刊行に至りました。ワーキング・ホリデーを熟知した2人の監修によって、33人の体験談やその後の人生を通した思いがいきいきと描かれています。

30万人のワーキング・ホリデー目次
*はインタビュー付き


プロローグ/ワーホリ体験者のガイドライン
第一章 自分をひろげる~自己成長ステージとしてのワーホリ
*清水の舞台から飛び降りた田舎青年/横山重隆
*一瞬一瞬を大切に生きる/佐藤奈都子
*「自分」を取り戻した旅/オカモトミネヒコ
毎日どれだけ恥をかくか/中島武志
Don't worry/中村ゆり子
一九八六年の自分へ/小島 淳
トラブルから学んだ優しさと感謝/頴川由紀子
人生でもっとも輝いた時間/小笠原 崇
ニュージーランドで広がった「縁」/吉田美緒
異文化の中で価値観を広げる/堀口勝一
セカンド・ワーキング・ホリデーin ファーム/石山由夏
エッ?エッ?エッーッ、そうなんだ。ほろ苦いスタート/加藤直樹

第二章 生き方をみつける~ワーホリ体験者の進路と仕事
*忘れられない星空の旅/石川美樹
*パフォーマーとしての出発点/ペッパー ゼロ
*ハウスシェア生活の濃い時間/児玉優子
どこまで追えるか・・・夢/伊東俊昭
ワーキングホリデーは先行投資の時間/中野由美子
ワーキング・ホリデーがあるから今の僕がある/岡田 繁
人生を豊かにしてくれるもの/ベル 康子
自分を変えたワーキング・ホリデー/橋本幹征
天職を見つけたワーキング・ホリデー/荻原まき
日本語教師への道(in オーストラリア)/向 雅生
自分らしく生きることができるようになった/河野順一

第三章 世界とつながる~国際交流の担い手として
*ワーキング・ホリデー・スピリッツが世界を変える/宮崎計実 
*ワーキング・ホリデーを科学する/川嶋久美子
*元祖ワーキング・ホリデー柔道/笠原則夫
人生の種を探して/宮本健市
私を成長させてくれたフランスでの経験/山本修一郎
オリジナルのワーホリ生活を/坂井田智子
オージー英語をアイデンティティーに/須見和敬
「経験」という財産/飯尾訓子197
私の人生とオーストラリア/小林良正

別章 日本とデンマークをつないだ想いと軌跡 


あとがき/重富哲夫
「ワーキング・ホリデー体験者の集いの会」について



KANPEIさん アメリカ大陸横断成功

2009年07月09日 09:09

KANPEIさん アメリカ大陸横断成功

スチャダラパーの応援歌

ギャグ満載のスペシャルバージョン






最近の記事


Los Angeles SEO - TwinTurtles SEO company offers innovative marketing solutions that are tailor-made to fit your company's needs. San Francisco SEO - By working on popularity and optimization, this SEO company will improve your website’s accessibility thereby increasing its business-generating potential. Seattle SEO - Premium SEO Company offers SEO Services that meets your Internet Marketing needs and assures increased visibility of your website through good Website Optimization. Internet Marketing Colorado - Professional Colorado Internet Marketing services in Colorado serving all small businesses. Proven Denver SEO expert search services.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。