スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうひとつのワールドカップ

2010年06月30日 10:44

もうひとつのワールドカップ


2010.06.30 10:32現在 2010年南アフリカ大会開幕まで、あと52日
2,152サポーター宣言   132団体

日本の選抜チームが大ピンチ!!
このままでは、もうひとつのワールドカップに参加できません。


もうひとつのワールドカップ


Nippon Handicap Football Support


オリンピックの年にパラリンピックがあるように、サッカーW杯の年に【もうひとつのワールドカップ】と呼ばれる知的障害者達の国際サッカー大会が4年に1度開催されています。
しかし、この【もうひとつのワールドカップ】日本ハンディキャップサッカー連盟の支援にも係わらず、前回の2006年ドイツ大会に参加した時は資金難のため、参加選手が出場経費の一部を自己負担せざるを得ない状況でした。

皆さんはそんな状況をどう思いますか?

知的障害というハンディにも負けず、頑張って各国の代表と戦いに行った我らが日本代表。
ドイツ大会は若干の自己負担があったもののなんとか出場する事が出来ました。
しかし、次回の2010年南アフリカ大会においては、彼らは参加が危ぶまれています。

そんな彼らを助けたいっ!
わずかでも力になりたいっ!

そういう想いから私達NHFSは誕生し、2007年には特定非営利活動法人(NPO法人)として本格的な活動をスタートさせました。

私達の主な活動は、彼ら知的障害者サッカー選手の支援です。

知的障害者サッカーというものを一般にひろめて、知的障害を持つ子供達や親御さん、ハンディキャップサッカー日本代表選手の支援活動をします。

私たちは、知的障害を持つ子供達や、知的障害者サッカー日本代表選手の「夢」を叶えます。

(Nippon Handicap Football Support のホームページより)


http://nhfs.jp/
スポンサーサイト

「留学生30万人計画」成功の鍵は何か

2010年06月20日 18:08



「留学生30万人計画」成功の鍵は何か

世界は留学生の争奪戦とも言える大変な時代に突入している。これは、ヨーロッパ諸国において、EU統合に向けて人材を域内全体で育てようというところから始まった大きなうねりであるが、日本は長らくこの動きを傍観し、乗り遅れてしまった観がある。日本が再び勢いをとり戻すには、何よりも大胆なトップダウンによる改革が求められている。

明治大学 国際日本学部教授
特定非営利活動法人 国際教育交流協議会 副会長
横田雅弘
世界は留学生争奪戦時代に

いまから25年ほど前、ちょうど「留学生10万人計画」が打ち出された頃、アジアの諸国では、経済が勃興してきて、さらなる発展のために人材育成に目を向けていた。そのときに、同じアジアの中で突出して発展していた日本には、留学生をひきつける十分なプル要因があり、入国管理政策による増減はあったものの、2003年には目標の10万人を突破した。

そのときのコンセプトも、アジアの中で経済発展を達成した国の責任として、同じアジアの人材教育を支援するというのが基本的なスタンスであった。
現在、日本の国内経済は伸び悩み、少子化によって市場も飽和状態である。そのような状況下、大学の数は700を超え、大学間のサバイバル時代に突入している。にもかかわらず、留学生を受け入れる戦略的な仕組みを導入しようという動きは鈍い。

私学では、助成を受けるために、あるいは定員を充足するために受け入れなければならないというところもあり、旧国立大学は、独立行政法人化以前の日和見的な体質から抜け切れていない。

しかし、これからは大学が主体的に自らの経営戦略、教育方針に則って、留学生を積極的に受け入れるという認識がなければ生き残っていけない時代になる。なぜなら、国際的に魅力のない大学は、留学生が来ないというだけではなく、自国の学生からの評価も低下してしまうからだ。
「30万人」という数字の意味

日本の大学の多くは、いまだに旧来の留学生受け入れパラダイムから抜け切れていない。その意味で、「留学生30万人計画」は、非常に象徴的であり、また目標数値として絶妙である。と言うのは、日本の大学の留学生政策がいまのコンセプトのままなら、この数値の達成はほぼ不可能だからだ。

いままでのコンセプトとは、すなわち、留学生とはマイノリティであり、特殊な存在であるという位置づけである。本来、大学全体のカリキュラムを、世界と共通性のある仕組みに変えることを目指すべきだった。たとえば、グレード・ポイント・アベレージ(GPA)という成績評価のシステムなど、世界と共通の仕組みをつくり、海外のトップ大学と単位を互換できるようにしたり、大学を国際化して、英語で行う授業を増やすなどの取り組みをもっと早くから進めてもよかったのである。

最近になってようやく、いままでの感覚で留学生を扱っていたのではいけないと気づき、各大学は国際化を打ち出しているが、すでに世界では高度人材留学生の争奪戦が始まっている。日本が国際的に競争力を発揮するためには、いまや大学の意思決定の仕組みまで含めて、あらゆることで方向転換が必要なところまできている。そういう意味で、30万人という数値は、いまのままのやり方では到底達成不可能で、否応なく大きな改革を迫るくらいの数字なのである。

我々が調査したところ、このまま推移すれば、2020年の留学生数は20万人弱がほぼ限界である。すでに、中国は留学生数50万人を目指しているし、留学生5万人政策を打ち出し、期日前にクリアした韓国も、すでに目標を10万人に切り替えている。さらに、オーストラリア、シンガポール、マレーシアも留学生の受け入れでしのぎを削っている。傍観している間に、アジア、オセアニアにおける力関係がすっかり変わってしまっていた。
トップダウンによる大胆な改革を

2020年には世界で留学生が600万人に上ると予測されており、30万人という数字はその5%に相当する。現時点での日本の留学生数は12万人、世界シェアでは5%を少し切っている水準であり、2020年においても5%を維持しようとすれば、留学生の受け入れが最も多かった1990年代後半の年率 20%増以上のペースを達成せねばならない。

この増加は、1996年頃からの、大学の自己管理を前提とした法務省の入国管理の規制緩和が背景にあった。しかし大学の自己管理は不十分で、再び厳格化されるや、受け入れはたちどころに停滞した。
30万人を受け入れる主体的な計画には、入口から出口までのストーリーづくりが欠かせない。

海外での留学生のリクルートから始まり、入国、日本語学校を経て大学に迎え、卒業して就職するまで、そして、その先の移住、移民政策まで含めた対応である。もちろんこれは、大学だけで解決できる問題ではなく、国、地域、企業との連携・協働が不可欠だ。

入口で言えば、米国の大学のように在留在籍管理ができる専門家を大学に配置したり、世界中の日本語を勉強している学生に対し、大学自らアプローチし、リクルーティングしてくることも必要だろう。
もう一つ大きいのは出口の部分。卒業しても、なかなか日本企業に就職できず、不満をくすぶらせている留学生が数多くいる。一方の企業側は、留学生に興味はあるものの、まだ慎重な姿勢を崩していない。この問題を解決するには、インターンシップを積極化することがよかろう。仕事は実際に経験してみるのが手っ取り早く、学生および企業にとっても有意義な方法である。

このように留学生に対する入口から出口までのストーリーづくりを行い、「留学生30万人」という大きな構想を実現するには、各大学がトップダウンで改革を推進するしかない。トップが大きな意思決定をし、その意思を浸透させ、万難を排して実行しない限り、グローバル時代に対応した大学改革は達成できないだろう。
横田雅弘(よこた・まさひろ)

1953年生まれ。77年、上智大学(心理学専攻)卒。84年、ハーバード大学教育学部大学院修士課程修了。2008年東京学芸大学学術博士。 1987年、一橋大学商学部専任講師に就任。同留学生センター教授を経て現職。

大学改革提言誌「Nasic Release」第18号より抜粋

外国人留学生の採用が本格的になる?

2010年06月20日 13:34

外国人留学生の採用が本格的になる?


パナソニック採用の8割外国人 大学生就職深刻になる一方だ


 日本人大学生の就職難が深刻化する一方で、外国人採用を増やす企業が相次いでいる。国内市場で成長が見込めず、アジアや新興国で事業を強化するためだが、日本の大学生の前途はますます厳しい。

 カジュアル衣料「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングでは、2010年の国内新卒採用者約200人のうち、外国人が約100人だった。11年も国内新卒採用約600人のうち、半数を外国人にする。

■楽天、パナソニック、ローソンなど大幅増

 ユニクロが外国人採用を拡大する背景には、海外出店の加速がある。10年8月期上期(09年9月~10年2月)に海外で売上げが倍増し、営業利益は4倍以上となった。5年後には海外事業規模が日本を越えるようにしたいと考えている。

 アジア市場では中国と韓国に集中する。10年5月に上海にグローバル旗艦店をオープンし、秋には台北に出店する計画だ。東南アジアでも、マレーシア・クアラルンプールといった都市に続々出店する考えだ。欧米ではニューヨークとパリで複数出店し、他の欧米主要都市にも広げる。

 楽天は10年度の国内新卒採用者約400人中、外国人が17人で、現地採用では中国で15人、インドで21人を採った。国内で採用した外国人は基本的には国内で勤務する。現地採用はエンジニア職だ。11年度は国内新卒採用450~500人のうち、70人程度を外国人で増やす。現地採用枠はインドと中国あわせて70~100人を予定している。

 同社はEC事業の海外展開に力を入れている。中国最大の検索サービスを運営する百度(バイドゥ)と合弁会社を作り、ECモール「楽酷天」を10年6月9 日にオープンした。ほかにアメリカ、インドネシア、タイ、台湾で事業を展開し、10年12月までに全10か国に拡大する。将来的には27か国に進出する計画で、広報担当者は「外国人社員がますます増えるだろう」と話している。

■新卒採用1390人のうち日本人は290人

 パナソニックの場合、10年度新卒採用1250人のうち海外で外国人を採用する「グローバル採用枠」は750人だった。11年度は外国人の割合を増やし、新卒採用1390人のうち、「グローバル採用枠」を1100人にする。残る290人についても、日本人だけを採るわけではないという。大坪文雄社長は『文藝春秋』10年7月号のなかでこうした方針を示し、「日本国内の新卒採用は290人に厳選し、なおかつ国籍を問わず海外から留学している人たちを積極的に採用します」と述べている。

 同社は中期経営計画で、3年後の売上高を10兆円に設定している。このうち海外での売上げ比率を現在の48%から55%まで引き上げる考えだ。これは海外市場で年間5兆5000億円売ることを意味し、達成すれば海外での販売が国内市場を上回ることになる。2018年度には海外比率を60%以上まで伸ばしていく考えで、裏を返せば、日本の比重が急速に減っていくことになる。外国人採用枠の拡大は、グローバル化を図る上で、日本人よりも外国人が必要と判断したためだ。

 ローソンは08年度から外国人留学生の新卒採用を始め、10年度は新卒採用者88人中17人が外国人だった。これまでに中国、ベトナム、韓国、台湾、インドネシアなどの留学生を採用した。11年度は60人中20人が外国人となる予定だ。同社広報担当者は、「外国人を採用することで社内を活性化するのが狙い」という。

 人事コンサルティング「Joe's Labo」代表・城繁幸さんは、

  「国内で外国人新卒者を採用する会社は2、3年前からありましたが、大手が本格的に採用し始めたのは2010年からです。理由は、日本市場に将来性が見込めず、新興国でビジネスを展開するためです。今後、国内向けのサービスを展開している企業以外は、外国人採用を強化していくと思います」

と話している。

 不景気で新卒採用枠が減っているなかでライバルが増えれば、日本人の新卒者は大変だ。

  「大学で勉強していない人は就職が難しくなると思いますよ。中国人や韓国人は最低2か国語を話せて、専門知識の勉強もしています。これまでのような会社に就職してから教えてもらうという考えでは、外国人と同じ土俵に立てません」

6月20日10時12分配信 J- CASTニュース より

President Obama's Oval Office Address on BP Oil Spill & Energy

2010年06月16日 21:56

President Obama's Oval Office Address on BP Oil Spill & Energy

6月20日 新百合丘の韓国料理店で 韓国音楽ライブ

2010年06月05日 20:10

6月20日 新百合丘の韓国料理店で 韓国音楽ライブがあります。


親子で仲良くがモットーのアットホームな韓国料理店


小田急線、新百合ヶ丘駅から徒歩4分 韓国料理専門店 飛豚(びとん)です。
『美味しく食べて落ち着いて飲める』この両方の楽しみがあります。
都内の韓国料理とは一味違う楽しさがいっぱい~★
美味しいサムギョプサルと豊富なお酒の品揃え+オモニの韓国料理はジャングムに負けません。
また音楽好きな飛豚の店長が厳選したレゲー、R&B、K-POPまでジャンルを超える
音楽が流れプロジェクターからは素敵な動画も流れたり♪
お一人様やカップルのお客様にぴったりの素敵なバーカウンターなんかもあり
軽く一杯なんてのもお気軽に出来ちゃいます^^
もちろん20名様の団体も可能~ お得な1980円~のコースメニューもあります!!


tobibuta.jpg


新百合ヶ丘駅から徒歩4分 韓国料理専門店 飛豚(びとん)

第2回 アフリカエンパワフォーラムが下記のとおり開催されます。

2010年06月02日 12:03

第2回 アフリカエンパワフォーラムが下記のとおり開催されます。

開場の都合により、限定200名さま募集なので
ご希望者は折り返しご連絡ください。

前回が大変人気が高く、評判が良いので はやく
売り切れとなると思われますので 締め切りとなる前に
お早めにお申し込み願います。

あらかじめ登録させて頂きます。

アフリカエンパワ協会 事務局長 山元雅信
山元学校 学長

_____________________________

第2回 アフリカ エンパワーメント フォーラム 6月13日〔日)11:30-19:00
     (限定 200名募集)

______________________________

 アフリカ・エンパワーメント・第2回フォーラム開催のご案内

★ 6月13日(日) 11:30開場 12:00開始-19:00 

★ 場所:東大本郷の赤門入ってすぐ左の 「福武ホール」で開催します。
 
★  都営大江戸線 本郷三丁目駅から 徒歩7分
   東京メトロ丸の内線 本郷三丁目から 徒歩8分

★参加費(★簡単な懇親会費用こみ) 受付でお支払いください。

   留学生・高校生500円 大学生1000円 NPO2000円 一般3000円
_______________________________

★フォーラムの趣旨★

今回のアフリカ・エンパワーメント・フォーラム
の開催を通じて、

アフリカへのさまざまな寄与 貢献を通じて

強い日本人 
優しい日本人
世界に貢献する日本人

お互いが、素晴らしく
力強い日本人になることを願っています。

またお互いミッシングパートナーに
なれば 幸いです。

アフリカは 素晴らしいところです。
_____________________________

スケジュール★
____________________________


10:30 スタッフ集合 @福武ホール横のカフェ

11:00~11:30 ★リハーサル Smark Smack and others

________________________________________

★11:30 受付開始 アフリカのビデオ

     (お琴の調べ 古瀬麻実子さま 10分)

 
12:00 司会: 林 達 (学生副代表: 東京大学 Leaf )

         MC Tatsu Hayashi, AEA Vice President, Students
     副司会: 木村美羽 (東大) MC Miu Kimura, Tokyo Univ.

12:03 Originator&事務局長 ご挨拶 山元雅信 Masanobu Yamamoto (1分)

12:04 樹木贈呈 ウガンダ(決定) NPO法人 環境リレーションズ研究所
 Environment Relations Institute
         代表 鈴木敦子 Ms. Atuko Suzuki
_________________________________________

12:06 3カ国大使と質疑応答 10分x3=30分 + 1分x10人

Algeria H.E.Mr.Sid Ali Ketrandji, Ambassador of Algeria
アルジェリア大使 ケトランジェ閣下(決定)

      ケニア ルワンダ ザンビア アンゴラ モザンビーク エジプト ガボン 
      マダガスカル カメルーン ボツワナ コンゴ マリ ブルキナファソ ガーナ
      マラウィ セネガル タンザニア レソト ジブチ スーダン (予定)
__________________________________________

13:53 お昼 コーヒー お弁当 サンドイッチ、アフリカ料理(有料)

      深井環境総合研究所㈱ 創生ワールド㈱社長 深井利春〔決定)
       Toshiharu Fukai Fukai Environment Institute 10分     

14:25 ムルアカさん (ほぼ決定) ゾマホフさん (予定)


      ① 菊川航希くん 東京大学起業サークルTNK 〔予定)
      ② 石原 圭祐くん  東京大学株式投資クラブAgents (予定)
           http://www.ut-agents.com/
      アニャンゴ(日本女性アフリカダンス)(予定)
      日本と本国との架け橋でやってきたこと (案)
      (40分)
     
15:05 アニャンゴ パーフォーマンス 10分(交渉中 予定)

_______________________________________

15:15 ★国会議員 自民党、民主党、新党大地、みんなの党 
       社民党 たちあがれ日本 参加できる国会議員の先生のみ。〔予定)

       外務省〔予定) (第一候補JICA予定) 鈴木宗男先生(参加のため調整中・予定)
        長沼秀明さま アフリカ開発協会 アフレコ 事務局長〔予定)
        萩原孝一さま UNIDO ITPO Tokyo〔予定)

      ★制度的に あるいは官民共同で、アフリカと日本の関係強化
      (ファシリティター・長沼秀明さま(予定) 
               大学生 嶋田庸一君 東大院 公共政策)(決定)
            (45分)

     ★懇親会参加者 国会議員
      矢野哲朗先生 (予定) 
      米長晴信先生(民主党国際局副局長)〔決定)
_________________________________________________

16:00 (25分) ジョン万次郎の建国に果たした役割 (決定)

財団法人ジョン万次郎ホイットフィールド記念 国際草の根交流センター(CIE)
評議員 平野貞夫先生 (政治評論家) (決定)
      Sadao Hirano, councilor, John Manjiro Whitfield
Commemorative
Center for International Exchange (Ex-Japan Lawmaker)

http://www.manjiro.or.jp/eng/foundation/index.html#rijicho

__________________________________________________

16:25 新藤昌子(決定) 日本の歌 夏は来ぬ、 夏の歌

      テーマソング だいじょうぶの花 Smork ‘& Smack(予定)
___________________________________________

16:35 大学生 医療・教育・国際協力団体 (40分) 

Facilitator Mr.Masaru Nagura 名倉 勝( STeLA 東大 博士課程)〔決定)
      Miss.Miu Kimura 木村美羽 (東大卒 国際医療機関勤務)〔決定)

 ①  IFMSA-Japan/国際医学生連盟 日本SCOPH/公衆衛生に関する委員会
  Africa Village Project(ザンビア)横浜市立大学の南原くん(決定)
  http://ifmsa.jp http://ifmsa.sakura.ne.jp/xoops/sc/?avp

 ② 医療系学生による国際協力隊 euphoria (予定)

 ③ 学生医療支援NGO~GRAPHIS~初代代表(予定)

 ④ jaih-s(日本国際保健医療学会・学生部会)(予定)

 ⑤ 学生国際協力団体 SIVIO(決定)

 ⑥ AU Youth アフリカ青年連合(決定)(早稲田大学 和田奈月〔決定)
  
 ⑦ アフリカ開発会議 学生部門 有志 〔吉川 渚)〔決定)
____________________________________________

17:15 企業 & 学生部

   ファシリティター 越智通勝 AEA企業部会長 〔決定) 
   Business Matching & Home Stay Mr.Michikatsu Ochi, Chairman AEA Business Group
  前山亜斗夢さん(アフリカリサーチ)(AEA企業副部会長)〔決定) 
  長沼秀明さま アフリカ開発協会 アフレコ 事務局長〔予定)

  川上博史さん 〔前新宿スタジオアルタ社長)(決定)

   JICA〔予定) ★
  アフリカで活躍中の若手経営者 3団体 40分

  東京商工会議所(予定) 東京青年会議所(予定) 
  照路会(住友銀行出身経営者の集まり)(決定)元谷一志氏(アパホテル専務)、高久晃宇氏 大林敬史氏
  志魂塾(若手経営者)(予定)
  流磨会(予定)

  ★高橋秀彰(早稲田教育4年)〔アフリカでベンチャーを立ち上げる予定)〔決定)
  ★東京大学株式投資クラブAgents 〔予定)

_________________________________


17:55 レセプション 19:00 終了 

大使館員 学生・参加者との交流

20人x1分 スピーチ

ご挨拶(5分)矢野哲朗先生 国会議員 〔予定)
(社団法人) アフリカ開発協会 会長理事 

Speech by Mr.Tetsuro Yano
    ASSOCIATION OF AFRICAN ECONOMY AND
     DEVELOPMENT JAPAN ECA CONMMITEE (AFRECO)〔予定)

Gabon H.E.Jean-Christian Obame, Ambassador of Gabon, Dean of ADC  
   ジャンクリスチャン・オバメ ガボン大使閣下〔予定)

だいじょうぶの花 Daijoubu Song & Dance by
      Smork Smack (女性5人のアーティスト)〔予定)
新藤昌子 DIVA, the Voice The Time to say goodbye
_________________________________________________________________________________________________________________________

アフリカ・エンパワーメント・フォーラム @東大・福武ホール

@Fukutake Hall at Tokyo University 

3rd Africa Forum 22nd August, 2010 (Sun) 第3回 8月22日(日)

4th Africa Forum 24th October, 2010(Sun) 第4回 10月24日(日)
_____________________________________________________

111.総合司会 

司会   林 達 山元学校 東アジア担当次長 東大文3 LEAF
副司会 木村美羽 山元学校 医療担当次長 東大教養卒 LEAF

222.大使通訳

波多野綾子 山元学校 人権人道問題担当次長 2006年日米学生会議 
(東大院 法科大学院)

荒川あゆみ 山元学校 PR&Marketing担当次長
近藤明菜 山元学校 Social Economy 担当次長SRID 東大院 国際社会科学卒
Miss. Shanon Southwick 山元学校 通訳担当学長補佐 早稲田大学 国際

333. 大使案内

斎川貴代 山元学校 学長室長 セレブレーションアース編集部次長
一色秀哉 山元学校 国際法務担当 ミシガン大学院卒

___________________________________________________

444.受付担当

責任者 ★鵜高利行 公認会計士 神楽塾世話人代表 副責任者 木村差代子さん

学生 ★岡野真弥 山元学校 観光担当次長 慶應卒 LEAF
    池永幸史 山元学校 エコ担当 学長補佐 (麻布大学)
    濱田真理 山元学校アフリカ担当 学長補佐 (早稲田大学 教育)
    滝沢 光 山元学校 日大担当学長補佐 日大 法
    熊谷悠哉 山元学校 エコ担当学長補佐 em factory 企画局局長
          早稲田大学 創造理工学
    大竹伸洋 山元学校 環境担当学長補佐 早稲田大学 環境ロドリゲス2008-9
         実行委員長 早稲田
    吉川 渚 アフリカ開発会議 学生部 所属
    

NPO ★久保木差代子(旧姓;木村) 山元学校 受付担当
    高山千衣 山元学校 受付担当 アルモニー社長
    村山陽子 山元学校 マラリア担当次長 ㈱PHILIA 代表
    

一般 ★小沢顕子 山元学校事務局 受付担当次長
    井村順子 山元学校 ミッシングパートナー 朝の会事務局長(14-17:30)

川村ちなみ ジャパンミッション(09:30-14:00)

市野みゆき お母様 山元学校 事務局 受付担当
    田口シルビアさま 山元学校 朝の会
    
VIPと大使 プレス受付
    
    ★三鴨有紀 山元学校 ITプロデユース担当次長 
    斎川貴代 山元学校 学長室長 セレブレーションアース編集部次長
    一色秀哉 山元学校 国際法務担当 ミシガン大学院卒
    和田奈月 AU Youth 副代表
    
    シャノン サウスウィック 山元学校大使担当 学長補佐
    ニール レイモンド 山元学校 
     New Zealand & child care 担当 Mr.Raymond Neil, Jade Star
    河原信一 山元学校 はちみつ担当 D-kids International
_________________________________________________


555 ★カメラ担当 
   
   緒方秀美 山元学校 AEA 写真担当 ダイヤモンドキャット 写真家
   '松井寛之 山元学校 AEA 写真担当 ラッフルジャパン社長'
   松尾明子 山元学校 ヘナン担当次長

_________________________________________________

666 映像担当

   United Earth @ 新宿ALTA & 神戸国際ハーモニーアイズ協会
__________________________________________________

777.植林担当

鈴木敦子 AEA 植林担当 NPO法人 環境リレーションズ研究所 理事長
中村(鴨崎)志保 AEA 植林担当 NPO法人 環境リレーションズ研究所
山元雅信 AEA事務局長 てんつくまん 鈴木博将 (WONDERFUL WORLD 植林 FESTIVAL)
__________________________________________________

888.その他 担当 

関口智弘 AEA 国際法担当 弁護士 ニューヨーク州弁護士 M&A
米津 航 AEA 弁護士担当  赤松・米津総合法律事務所
鵜高利行 山元学校 AEA 経理担当 公認会計士 神楽塾世話人代表

川上博史さま 前スタジオアルタ社長 AEAコンセプト部会長
前山亜杜武アトムさま AEA企業腹部会長 アフリカリサーチ 社長
新川大蔵さま AEA沖縄代表 地球の友 沖縄協会 理事長
斉藤 亨さま AEA栃木代表 社会福祉法人 やまびこの里福祉会 かしの木 常務理事 事務局長
純子ニルマラさま AEA海外発信部会長 グリーンジャパン㈱社長
前野茂雄さま AEA頭脳スポーツ部会長 日本頭脳スポーツ協会理事長

四竈(しかま)丈夫 山元学校事務局長  グループSジャパン 社長 
小森谷 勝 山元学校秘書室長 屋上緑化建設協同組合 顧問
Luke Poliszcuk AEA 国際環境問題担当

木下拓巳 山元学校 広報担当

嶋田旺子 AEA だいじょうぶの花担当 ゴールデンクロス 社長

名倉 勝 AEA学生部代表 STeLA 
    (国際科学学生サミット)2009年代表 (東大院博士課程)


小山亜由美 AEA 国際協力担当 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 

国際協力学専攻 修士課程修了 現開発コンサルタント

SUS+ AGS-AM in Tokyoの学生セッション代表

濱松敏廣さま AEA 環境維新担当 環境維新隊 理事長


嶋田庸一さま 山元学校 政治担当次長 元アイセックジャパン 
    2008 委員長 (東大 法)

名木田遼吾さま 東京大学 経済学部 アイセックジャパン 東京委員会

高橋俊さま 山元学校 国際担当学長補佐 アイセックジャパン 
        東大委員会2010 委員長

内藤佐和子さま 山元学校 東大担当&AEA学生部副代表 
        徳島活性化協会 代表 (東大 法)株式会社Yasasee 代表取締役

安井 功さま 山元学校 国際担当次長 YDP(Youth Development & Peace)
         元ネットワーク部長 東大

大竹伸洋さま 山元学校 環境担当学長補佐 早稲田大学 環境ロドリゲス2008-9
         実行委員長 早稲田 

熊谷悠哉さま 山元学校 エコ担当学長補佐 em factory 企画局局長
          早稲田大学 創造理工学

横山真輔さま  山元学校 広報担当次長 早稲田リンクス 第14期幹事長

塚田雅也さま  山元学校 学生ネットワーク担当 学長補佐 早稲田リンクス
                 第15代幹事長(商学部)

滝澤 慧さま  山元学校 早稲田担当早稲田大学 政経 早稲田リンクス  学長補佐

山田健太さま 山元学校 早稲田担当次長 早稲田祭2008 代表

神谷伸彦さま 山元学校 アフリカ担当次長(エチオピア)
         日本エチオピア学生会議 初代委員長 東大法卒

中井照大郎さま 山元学校 アフリカ担当次長(ケニア) 
         日本ケニア学生会議 第8期委員長 東京外語

一色秀哉さま 山元学校 国際法担当 次長 ミシガン大学院卒

川尻直樹さま 山元学校 スリランカ担当次長 元海外青年協力隊 
         日本ココナッツ協会理事長

清水道夫さま 山元学校 国際担当次長 環境経済コンサルタント 元国税庁

松尾 豪さま 山元学校 セネガル担当次長 日大法学部卒 
         初代日本セネガル学生会議委員長
滝沢 光さま 山元学校 日大担当学長補佐 日大 法

宮永幸則さま 山元学校 国内農業担当次長  弘前大学農学部卒 農政ジャーナリスト
関口哲平さま 山元学校 国際農業担当次長 東大院 農学部 国際環境開発農学 LEAF

新藤昌子さま 山元学校 アーティスト担当次長 DIVA the Voice
村山陽子さま 山元学校 マラリア担当次長 ㈱PHILIA 代表
______________________________

グローバルコミュニティー 2010年 6月号

2010年06月02日 02:11

グローバルコミュニティー 2010年 6月号

top 画像web


環境問題解決の最後の切り札!!

*国際人*
オーストラリア・日本の大学 多文化・多民族社会への教訓
レイクランド大学ジャパン・キャンパスリポート NO 4
幸せになる国際結婚のすすめ NO4
*イベント関連*
学生通訳ボランティアガイド今後の活動
外国人観光客に人気のアーバン忍者ツアー
1st Africa Empowerment Forum
FIFA ワールドカップが初めてアフリカで開催
*みんなの生活*
きれいな水を次の世代へ
いつまで経っても変わらな いもの
外国人にも住みやすい日本 にして行こう!!
スタントメソッドを学んで  No.1
*編集部よりお知らせ*
赤ちゃんの肌は敏感で、皮 膚から洗剤が入っていく。 洗剤を使わずに済む創生水は、ありがたい存在ですね。
重油流出事故で活躍した水 
多くの地球上の問題に解決策を提供する水の持つ力を証明する『創生水』 
常識を疑え!! 目からうろこの創生水クイズ
Q1:水と油は混ざらない?
Q2:水で汚れが落ちる?
Q3:水は燃える
Q4:水は車を走らせ、ジェット機を飛ばせる?


最近の記事


Los Angeles SEO - TwinTurtles SEO company offers innovative marketing solutions that are tailor-made to fit your company's needs. San Francisco SEO - By working on popularity and optimization, this SEO company will improve your website’s accessibility thereby increasing its business-generating potential. Seattle SEO - Premium SEO Company offers SEO Services that meets your Internet Marketing needs and assures increased visibility of your website through good Website Optimization. Internet Marketing Colorado - Professional Colorado Internet Marketing services in Colorado serving all small businesses. Proven Denver SEO expert search services.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。